今週の所見「マナー」

今週の所見「マナー」

「了解」とか「承知」とか、色々言われてますね。
ネットをだらだら見てると「マナー」への疑問みたいなのが山のように出てきます。

数多あるマナー。
辿っていくと遥か昔に由来があるものもあるでしょうが
有識な方々が色々と考えてくださった比較的新しいマナーも沢山あるようですね。

なんというか、自分のやってることと同じような気がします。
自分はそれっぽいテキトーなこと言ってる時が一番生き生きしてるのですが、
それっぽいテキトーなことをなんとか漫画の形にしたものが
「よもやま話寄席集」という作品なのです。

それっぽいテキトーを積み重ねてファンタジーな世界を構築することと
それっぽいテキトーを積み重ねて社会の常識を構築すること。
なんだか同じな気がします。

ちょっと遠いところから眺めている分には
「ふーん。へえー。確かにそうかもねえ。おもしろいねえ。」と思えるのですが
ひとたび自分の身にふりかかると「めんどくさい」と思ってしまう。
それっぽいテキトーなことは適当に書きなぐって
ネットに垂れ流しておくくらいが丁度いいんだと思います。
現実に持ってきては駄目だ。

「お前がそう思うんならそうなんだろう お前ん中ではな」
というやつです。

 

つれづれカテゴリの最新記事